シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • スポーツ事故判例の研究

スポーツ事故判例の研究

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : スポーツ法、スポーツ政策、スポーツ行政

 1990年から1999年までのスポーツ判例を精査した上で、特にスポーツ事故判例の傾向を分析した。そして、スポーツ種目別の事故の傾向、死亡事故の主な原因、最近の事故の傾向と対策についてまとめた。
 研究成果は、『筑波大学体育科学系紀要』(30巻、2007)および、『スポーツのリスクマネジメント』(編著者代表小笠原正・諏訪伸夫、ぎょうせい、2009)にて発表した。
 スポーツ事故訴訟に関する法的問題の解決および相談に応じる用意がある。

スポーツ事故訴訟に関する法的問題および相談、スポーツ事故訴訟の動向調査、出版、放送、講演

情報通信業
学術研究・専門・技術サービス業
公務(他に分類されるものを除く)
スポーツ振興に関係する公的機関、研究機関、スポーツ団体、出版、放送、NPO・NGO、法律事務所

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る