シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • 保健師活動に用いる地域診断ツールモデルの開発

保健師活動に用いる地域診断ツールモデルの開発

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : 地域看護学

 本研究では、保健師活動過程の第一段階である地域診断*に用いるツールモデルを新たに開発し、提示するものである。
 既存の地域診断ツールとして、保健師等に利用されている「コミュニティ・アズ・パートナーモデル」をベースに、保健センター等で活動している保健師の意見等の調査や経営学的手法等を用いて、新たに実践的かつ効果的な地域診断ツールモデルを開発する。
 本研究の成果は、従来、経験的方法に頼っていた市町村保健師活動を、科学的方法を用いて、より効率的かつ効果的に実施できるようになることに寄与するものと考えられる。
*地域診断:市町村などの一定の地域における住民の健康状態や生活状況、環境などのデータを収集して、地域住民の健康に関わる問題点を明らかにするとともに、その健康問題や課題の解決の方向性を見出すこと。

市町村保健センターの保健師活動

医療・福祉
地方公務
市町村の保健行政

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る