シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

光物性:超高速分光

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : 凝縮系物理実験

 これまでの研究は、固体の光物性を対象としており、特に超高速分光系に関連する内容としては以下の項目がある。
1)超短パルスレーザーを光源とする時間分解分光法を用いて、シアノ錯体における電荷移動状態の観測、特に光誘起相転移現象の研究を行った。
2)固体中の素励起生成・緩和過程を、高感度かつ高空間・時間分解能で観測・制御するための時間分解顕微イメージング測定系の構築を行っている。
3)p型透明半導体である層状酸硫化物LaCuOS-Seの励起子特性の解明(非線型効果、励起子の量子ビート)を行った。(右図参照)
4)超短パルスレーザーの高次高調波の干渉を用いて、各種透明媒質へ狭間隔の回折格子を形成する手法の探索、および実践を行った。

基礎研究、高機能材料開発、測定機器開発

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る