シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • カール・ハウスホーファーの地政学理論とその影響

カール・ハウスホーファーの地政学理論とその影響

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : ドイツ現代史、日独関係史、地政学、ドイツ語教育

 Karl Haushofer (カール・ハウスホーファー)は1919年~1939年にミュンヘン大学で地政学を教え、1924年~1944年に有名な地政学の雑誌の編集者を務めた。本研究では、彼の「日独ソ大陸ブロック論」や「モンスーンアジアの統一論」等の外交政策理論が1930・40年代の日本の外交政策論、特に大東亜共栄圏の理論に与えた影響を明らかにする。
 このテーマに関連した著作に、『Japanese-German Relation, 1895-1945』(共著、Routledge、 2006)がある。

出版、講演、文化事業の企画立案、国際理解・国際交流支援、共同研究

情報通信業
学術研究・専門・技術サービス業
教育・学習支援業
出版社、放送局、研究機関、行政機関、美術館・博物館、生涯学習事業

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る