シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • 活性酸素種を消去するスプレー型臓器癒着防⽌剤の開発

活性酸素種を消去するスプレー型臓器癒着防⽌剤の開発

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : 生体医工学・生体材料学、高分子・繊維材料

外科⼿術では、出⾎や炎症が原因となり、 組織同⼠の癒着が発生し、腸閉塞や不妊症など重篤な疾患が引き起こされることがあります。本研究では、酸化ストレスを低減させる活性酸素消去能を有するポリイオンコンプレックス型フラワーミセルを設計しました。フラワーミセルは腹腔投与後に⽣体環境下に応答してゲル化する(レドックスインジェクタブルゲル、RIG)ため、スプレーでの投与が可能となり、従来の材料と⽐較して⾶躍的に扱いが容易になります。さらに、ゲルの有する優れた物理的バリアー性と抗酸化ストレス能を発揮する、⾼機能な癒着防⽌剤として期待できます。

従来技術・競合技術との比較、新技術の特徴:

現在、外科⼿術過程においては⽣体吸収性 フィルム型癒着防⽌剤が使⽤されているものの、取り扱いにくく、内視鏡やロボット⼿術では利⽤が困難であった。また、臓器間を物理的に隔離するのみであるので、効果が限定的である。現状では癒着の原因である炎症や 酸化ストレスへの治療効果を持つ材料はない。

1. スプレー型癒着防⽌剤 2. ⻭周病薬 3. 局所DDSキスト

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る