シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • ハイポキシアに応答するプロドラッグの設計

ハイポキシアに応答するプロドラッグの設計

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : 生体医工学・生体材料学、高分子・繊維材料

⾎管から離れたところに存在する低酸素環境の腫瘍組織は癌の浸潤及び転移に関わっている事が報告されていますが、癌の治療には低酸素領域の腫瘍組織を標的とすることが重要である事がわかってきています。 本研究では、ニトロイミダ ゾールを基本⾻格とし、六員環形成を通して薬物を放出する分⼦をデザインしています。この反応により、薬物をアミド結合を通しても機能 することを確認しました。これはハイポキシア領域以外では極めて安定なプロドラッグであり、極めて指向性の⾼いプロドラッグです。現在ドキソルビシン及びゲムシタビンのプロドラッグを作成し、効果を確認しています。

従来技術・競合技術との比較、新技術の特徴:

ターゲッティングを⽬的としたプロドラッグ は様々設計されているものの、腫瘍近傍の低酸素部位に応答する医薬品は未だに開発されていません。

1. 抗癌剤 2. イメージング剤

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る