シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • 機能性成分を脂質でカプセル化する

機能性成分を脂質でカプセル化する

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : ナノマイクロシステム、食品化学工学

多相エマルション法、あるいは脂質被覆氷滴水和法という2つの新しい製造技術を使用して、親水・疎水いずれの薬理成分や食品機能成分も脂質でカプセル化(リポソーム)できます。 特に水に溶けやすい親水性成分を効率的にカプセル化できる製造技術です。

従来技術・競合技術との比較、新技術の特徴:

既存の技術では「内包化効率が低い」、「サイズ制御が困難」、「量産化が困難」等が課題であるが、下記の技術により克服。
1)脂質カプセル(リポソーム)のサイズは基材エマルション水滴の大きさを反映
 ⇒ サイズ制御可(数百nm~数μm)
2)エマルション水滴に含まれる物質をそのまま内包化 ⇒ 高内包率~90%以上を達成
3)簡便な操作で多数のリポソーム(脂質カプセル)を生産 ⇒ 簡便な設備で量産化可能

脂質カプセル製造技術の課題の「内包率・サイズ制御・量産化」を改善。本技術により親水性物質も効率的に内包化でき、医薬品、機能性食品、化粧品など様々な用途に応用できる。

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る