シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • 害虫にのみ作用して環境にはやさしい農薬の実現

害虫にのみ作用して環境にはやさしい農薬の実現

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : 発生遺伝学、動物生理・行動、応用生物学

発生・生理学的視点から、昆虫の脱皮と変態に必須のホルモン「エクジステロイド」が、どのような酵素(生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子)によって作り出されているのか、またこうした酵素の働きが生体内でどのように調節されているのかを研究しています。

従来技術・競合技術との比較、新技術の特徴:

これまでに、エクジステロイドの生合成に関わる酵素群や、その活性を制御する転写調節因子や神経シグナル経路を解明しました。昆虫は脱皮と変態が適切でないと生きることが出来ません。また、現在までに発見されたメカニズムの一部は、昆虫のみに存在が認められます。よって、これらの知見を活用してエクジステロイド生合成を撹乱することができれば、害虫のみに作用して環境に優しい農薬として利用できます。

本技術を用いて、害虫以外への毒性が低く環境に調和した全く新しいコンセプトの農薬が実現します。

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る