シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • SAT法に基づく抗ストレス社会の形成

SAT法に基づく抗ストレス社会の形成

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

研究分野 : メンタルヘルス

SAT法は、宗像恒治先生が開発した心理技術である。誰もが訓練すれば再現可能な構造化された手法を使い、相手のひらめき、連想、直観という右脳活動を上手に促し、問題解決を図ることができます。
普段抱えるストレスは、社会規範を重んじようとする常識脳や仕事脳と呼ばれる左脳の活動から生み出されています。
その左脳活動では、自分の本来の感情を犠牲にして、やがて感情すら感じなくさせる感情認知困難脳をつくり、慢性ストレスから慢性炎症がつくり出され、精神疾患を含むあらゆる生活習慣病をつくり出す。
慢性ストレスは、SATを活用し常識にとらわれない直観脳や問題解決脳である右脳を使って、本来の自分の感情を取り戻すことで解決します。

従来技術・競合技術との比較、新技術の特徴:

従来のカウンセリングと比較して
①自分のストレスとなる問題(秘密)を言わなくても、問題が解決してしまう。
②精神サインだけでなく、行動サイン、身体サインのストレスも解決する 。
③結果幸せになり、検査(心理検査、唾液検査、血液検査)にハッキリでる。
④治療期間が最初の査定で明らかになり、支払うべきコストがわかる。
⑤終了すると自分で独立して自己治療できる方法が身につく 。

メンタルヘルスチェック、メンタルヘルス・カウセリング、メンタルヘルス治療、人材育成・学校法人事業、海外事業

  • 検索シーズに関する問い合わせ
  • 印刷

ページの先頭へ戻る