シーズを探す!

?

?

言葉の繋がりで研究シーズを探す 連想検索

「汎用連想計算エンジン(GETA)」は、情報処理振興事業協会(IPA)が実施した「独創的情報技術育成事業」の研究成果です。

汎用連想計算エンジン(GETA)

  • トップ
  • 研究シーズ検索について

研究シーズ検索について

検索方法について

研究シーズの検索について、以下の3つの検索方法をご用意しております。
使いやすい検索方法を選んで、研究シーズをお探しください。

4つの検索フォーム

総合検索の「全体検索」と、4つの検索フォーム「キーワード検索」「研究者名検索」「産業分野検索」「シーズ内容全文検索」をご利用いただけます。
※全角文字と半角文字は区別されますのでご注意ください。

「全体検索」について

「キーワード」、「研究者名」、「産業分野」、「シーズ内容全文検索」の4つの検索対象から、入力した語句に該当する研究シーズを検索できます。
検索したい語句を入力して検索ボタンをクリックしてください。

「キーワード検索」について

各研究シーズには、研究者が研究の内容を表すキーワードを設定しています。キーワードをたどることで、目的の研究シーズを検索できます。 検索したいキーワードを入力して検索ボタンをクリックしてください。

「研究者名検索」について

各研究シーズに係っている研究者の氏名から、研究シーズを検索できます。 検索したい研究者名を入力して検索ボタンをクリックしてください。

「産業分野検索」について

各研究シーズには、活用対象と想定される産業分野を設定しています。業種分類より目的の研究シーズを検索できます。 検索したい産業分野を入力して検索ボタンをクリックしてください。

「シーズ内容全文検索」について

全ての研究シーズ内の文章(キーワード)より目的の研究シーズを検索できます。検索したいキーワードを入力して検索ボタンをクリックしてください。

【AND検索】
・AND検索
 複数の検索語をつかって検索をすることが出来ます。
 通常は全ての検索語を含む研究シーズを検索結果として表示します。

※検索語を増やすと処理に時間がかかることがあります。

ページの先頭へ戻る

4つの一覧検索

「キーワード50音順から探す」、「研究者名50音順から探す」、「産業分野別一覧から探す」、「所属別一覧から探す」の4つの一覧検索をご利用いただけます。
文章、ワードでの検索が困難な場合に便利です。

「キーワード50音順から探す」について
Step 01
研究シーズ毎に設定された「キーワード」を50音順から検索してください。
任意の50音をクリックするとその音のキーワードが表示されます。
Step 02
表示された複数のキーワードの中から、お探しの研究シーズに該当するキーワードをクリックしてください。
Step 03
キーワードをクリックすると、ページが遷移し、任意のキーワードを含む研究シーズの一覧が表示されます。
一覧からいずれかの研究シーズをクリックすると、研究シーズの詳細情報を閲覧できます。
「研究者名50音順から探す」について
Step 01
研究シーズ毎に設定された「研究者名」を50音順から検索してください。
任意の50音をクリックするとその音の研究者名が表示されます。
Step 02
表示された複数の研究者名の中から、お探しの研究シーズに該当する研究者名をクリックしてください。
Step 03
任意の研究者名を含む研究シーズの一覧が表示されます。一覧からいずれかの研究シーズをクリックすると、研究シーズの詳細情報を閲覧できます。
「産業分野別一覧から探す」について
Step 01
業種分類の大分類を選択してください。 任意の大分類をクリックすると、大分類内の中・小分類が表示されます。
Step 02
表示された中・小分類の中から、お探しの研究シーズに該当する産業分野をクリックしてください。
Step 03
任意の産業分野を含む研究シーズの一覧が表示されます。一覧からいずれかの研究シーズをクリックすると、研究シーズの詳細情報を閲覧できます。
「所属別一覧から探す」について
Step 01
研究者が所属する研究課を選択してください。 任意の研究課をクリックすると、各研究課内の専攻名が表示されます。
Step 02
表示された専攻名の中から、お探しの研究シーズに該当する専攻名をクリックしてください。
Step 03
任意の専攻名を含む研究シーズの一覧が表示されます。一覧からいずれかの研究シーズをクリックすると、研究シーズの詳細情報を閲覧できます。

ページの先頭へ戻る

連想探索

研究シーズに関連する言葉のつながりを可視化し、より目的に合致するシーズ情報を検索することが可能な検索方法です。
連想探索の使用方法

検索窓に検索したいキーワードをいれると、そのワードに関連する様々なワードがツリー状に表示されます。その他のワードをクリックするとそのワードを含む研究シーズの結果が表示されます。

左側の言葉はこの記事の関連ワード、つながる言葉は記事中でよく一緒に使われているものです。
各言葉クリックすると関連研究シーズを検索できます。

連想探索の開発元

九州大学発ベンチャー企業の株式会社Laflaが開発したWebサービス「MINDEX」を導入しております。「MINDEX」の詳しい技術情報については、株式会社LaflaのHPをご覧ください。

ページの先頭へ戻る